ドラマ 映画 アニメ パチ&スロ お笑い バラエティ グラビア スポーツ 趣味・その他 韓流

ドラマ一覧 映画一覧 アニメ一覧 パチ&スロ一覧 お笑い一覧 バラエティ一覧 グラビア一覧 スポーツ一覧 趣味・その他一覧 韓流一覧
FODプレミアムの「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
Fine動画!ロゴ

無料

見放題

字幕

吹替

FODプレミアムの「Yahoo! JAPAN ID」を利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
  1. Fine動画!
  2. >

  3. スポーツ
  4. >

  5. ボクシング

ボクシングの動画配信作品

スポーツ

ボクシング

プロレス

ゴルフ

ダンスレッスン

ヨガ

ストレッチ

ダイエット

その他(スポーツ)

ボクシング(191件)

田中恒成×パランポン・CPフレッシュマート(2017)WBO世界ライトフライ級タイトルマッチ 【ボクシング】2階級王者・田中恒成のライトフライ級2度目の防衛戦。念願であるライトフライ級王座統一戦の実現に向けて、勝利を目指す!  2017年
田口良一×ミラン・メリンド(2017)WBA・IBF世界ライトフライ級王座統一戦 【ボクシング】WBA王者・田口良一の7度目の防衛戦は、IBF王者ミラン・メリンド(フィリピン)との王座統一戦!果たして田口は、2団体制覇を成し遂げられるのか?  2017年
京口紘人×カルロス・ブイトラゴ(2017)IBF世界ミニマム級タイトルマッチ 【ボクシング】プロデビューからわずか1年3カ月の日本最速で世界王座を奪取した京口紘人の初防衛戦!持ち味である強打でKO勝利&初防衛なるか?  2017年
木村翔×五十嵐俊幸(2017)WBO世界フライ級タイトルマッチ 【ボクシング】木村翔のWBO世界フライ級初防衛戦!対戦相手は元WBC王者であり、同級1位の五十嵐俊幸。日本人同士による世界戦、果たして勝負の行方は?  2017年
小國以載×岩佐亮佑(2017)IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 【ボクシング】2017年9月13日にエディオンアリーナ大阪で行われた、小國以載の初防衛戦。日本人同士の世界戦、勝負の行方は?  2017年
大竹秀典×丸田陽七太(2017) OPBF東洋太平洋スーパーバンタム級タイトルマッチ 【ボクシング】34戦のキャリアを持つベテラン王者・大竹秀典に注目のホープ・20歳の丸田陽七太が挑む!世界挑戦への切符を懸けた注目の新旧対決をお届け!  2017年
原隆二×岩橋裕馬(2013)日本ミニマム級タイトルマッチ【TBSオンデマンド】 【ボクシング】日本ミニマム級タイトルマッチ、原隆二(大橋)×岩橋裕馬(森岡)。13戦無敗の王者・原は、勢いそのままに王座を防衛することができるのか!?(c)TBS 2013年
ファン・カルロス・レベコ×井岡一翔完全版(2015)WBA世界フライ級タイトルマッチ【TBSオンデマンド】 【ボクシング】2015年4月22日に大阪・ボディメーカーコロシアムで開催された、WBA世界フライ級タイトルマッチ。2014年5月のプロ初黒星以来、更なる強さを求めて再び立ち上がった井岡。悲願の3階級制覇を成し遂げることができるか!?(C)TBS 2015年
畑山隆則×崔重七(1996)OPBF東洋太平洋ジュニアライト級王座決定戦【TBSオンデマンド】 【ボクシング】1996年3月18日に東京・後楽園ホールで開催された、畑山隆則と崔重七(韓国)のOPBF東洋太平洋ジュニアライト級王座決定戦。畑山は15勝(13KO)無敗、10連続KO中。対戦相手の同級2位・崔は10勝(10KO)4敗と戦績は平凡だが、勝った10試合はすべてKOというハードパンチャー。果たしてどのような試合展開となるのか!?(C)TBS 1996年
中広大悟×佐藤洋太(2010) 日本スーパーフライ級王座統一戦 2010年日本スーパーフライ級王座統一戦!正規王者・中広大悟(広島三栄)に暫定王者・佐藤洋太(協栄)が挑む。   真の王座をかけた負けられない一戦!  2010年
八重樫東×サンムアンローイ・ゴーキャットジム(2013) 50kg契約級10回戦 八重樫東は、2012年6月に行われた井岡一翔との世界統一戦に敗れて以来の試合。再び世界王座を目指す八重樫は、豪快な勝利で弾みをつけられるか!?  2013年
内藤大助×リエンペット・ソーウィラポン(2010)スーパーフライ級10回戦【TBSオンデマンド】 【ボクシング】2009年11月に世界王座から陥落した内藤大助の復帰戦!強打が武器の右ファイター、リエンペット・ソーウィラポン相手に復活勝利となるか!?(c)TBS 2010年
渡部あきのり×庄司恭一郎(2011) 東洋太平洋・日本ウェルター級タイトルマッチ 東洋太平洋・日本ウェルター級タイトルマッチ。   4試合連続でKO勝利中と絶好調の渡部は、本試合に勝って更なる勢いに乗ることができるのか!?  2011年
竹原慎二東洋太平洋タイトルマッチ(ディレクターズカット版) 日本人初のWBA世界ミドル級王者・竹原慎二の名勝負を、東洋太平洋タイトルマッチを中心に6試合配信! 1989年プロデビュー、91年に日本ミドル級王座、93年に東洋太平洋ミドル級王座を獲得。そして95年に"日本人には絶対不可能"と思われた世界ミドル級制覇を竹原は成し遂げた。  2004年
高山勝成×フランシスコ・ロドリゲス・ジュニア(2014) IBF・WBO世界ミニマム級王座統一戦 2014年8月にメキシコで開催された、世界ミニマム級王座統一戦。IBF同級王者の高山勝成が日本初となるボクシング統括4団体制覇に挑む!  2014年
高山勝成×原隆二(2015) IBF世界ミニマム級タイトルマッチ 【ボクシング】2015年9月27日にエディオンアリーナ大阪で開催された、IBF世界ミニマム級タイトルマッチ。日本初となるボクシング統括4団体制覇を果たした高山勝成。WBO王座を返上し、IBFに絞った高山にとっての2度目の防衛戦となる。対戦相手は、同級12位・原隆二。2度目の防衛か、それとも新王者の誕生となるのか?  2015年
和氣慎吾×瀬藤幹人(2017)スーパーバンタム級8回戦【TBSオンデマンド】 【ボクシング】リーゼントボクサー・和氣慎吾が、捲土(けんど)重来を期して再起戦に臨む!世界再挑戦に向けて、KO勝利なるか!?2016年7月に世界戦に初めて臨んだものの、KO率100%を誇るジョナタン・グスマン(ドミニカ共和国)の圧倒的なパワーに屈して、戴冠に失敗した和氣。ジムも移籍し心機一転、再び世界を目指し、この一戦を迎える。【開催:2017年7月19日 東京・後楽園ホール】 2017年
山本隆寛×ペットインシー・ローンリアンギーラーコラート(2017)スーパーバンタム級8回戦【TBSオンデマンド】 【ボクシング】元東洋太平洋バンタム級王者・山本隆寛の再起戦を配信!2015年8月にOPBFのタイトルを奪取した山本は、その後2度の防衛を果たしたものの、2016年11月にマーク・ジョン・ヤップ(六島)に初のKO負けとなる5回TKO負けを喫し、王座を手渡した。この試合が5カ月ぶりの実戦となるが、まずは世界ランクへの復帰を見据え、結果だけでなく内容も重要となる。果たして、勝負の行方は!?【開催:2017年4月23日 エディオンアリーナ大阪(大阪府立体育会館)】 2017年
坂田健史×ロベルト・バスケス(2007) WBA世界フライ級王座統一戦 4度目の挑戦でついにWBA世界フライ級王者に輝いた坂田健史(協栄)。   初防衛戦の相手は、同階級暫定王者のロベルト・バスケス(パナマ)!  2007年
具志堅用高×鄭相一(1978) WBA世界ジュニアフライ級タイトルマッチ 【ボクシング】1978年10月15日に東京・蔵前国技館で開催された、具志堅用高のV6戦、WBA世界Jr.フライ級タイトルマッチ。この試合では、序盤からチャンピオン・具志堅のパンチが挑戦者・鄭相一(韓国)にさく裂!  1978年
亀田大毅プロデビュー戦~第3戦セット(2006) 亀田大毅衝撃のデビュー戦から第3戦までをお届け。度肝を抜くKO劇を見逃すな!    2006年
亀田大毅プロ第4戦~第6戦セット(2006) 世界の頂点を目指し躍進し続ける亀田大毅!エネルギッシュな戦いぶりを見せたプロ第4戦から第6戦までをお届け。    2006年
亀田大毅プロ第7戦~第10戦セット(2006) デビュー戦から6連勝と負け知らずの亀田大毅。このまま世界チャンピオンへの道を突き進むことは出来るのか!?プロ第7戦から第10戦までをお届け。  2006年
亀田興毅プロ第4戦~第6戦セット(2004) 強気の発言を繰り返す破天荒ボクサー・亀田興毅。   デビュー戦から第3戦までは、全て1ラウンドKOで勝利!   彼のプロ第4戦から第6戦までを一挙にお届け。  2004年
亀田興毅プロ第7戦~第9戦セット(2005) 東京での初ファイトを豪快に飾ったことで、知名度を全国区に広げた亀田興毅。   世界王者への道を着実に歩み続ける興毅のプロ第7戦から第9戦をお届け。  2005年
亀田興毅×ポンサクレック・ウォンジョンカム(2010) WBC世界フライ級王座統一戦 WBC世界フライ級王座統一戦、亀田興毅(亀田)×ポンサクレック・ウォンジョンカム(タイ)!   最強挑戦者・ポンサクレックを相手に興毅はどう戦うのか!?  2010年
亀田興毅×ウーゴ・ルイス(2012) WBA世界バンタム級王座統一戦 拳の負傷で長期休養していた亀田興毅が約8カ月ぶりにリングに立つ。   KO率90%の最強の敵を倒し、復帰戦を5度目の防衛で飾ることができるのか?  2012年
オーレドン・シッサマーチャイ×井岡一翔(2011) WBC世界ミニマム級タイトルマッチ 井岡一翔(井岡)は辰吉丈一郎を超えられるか!?   井岡弘樹を叔父にもつボクシング界最強のサラブレッドが、日本最短7戦目での世界タイトル奪取を目指す!  2011年
鬼塚勝也×松村謙一(1992) WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ 【ボクシング】1992年9月11日に日本武道館で開催された、WBA世界ジュニアバンタム級タイトルマッチ「鬼塚勝也×松村謙一」。王者・鬼塚勝也の相手は4度目の世界挑戦となる同級5位の松村謙一。日本人同士の対決となったこの試合、ペースを自分のものにした鬼塚は、初防衛戦の重圧をはねのけることができるのか?  1992年
鬼塚勝也×中島俊一(1991) 日本ジュニアバンタム級タイトルマッチ 【ボクシング】1991年3月18日に後楽園ホールで行われた、日本ジュニアバンタム級タイトルマッチ。鬼塚勝也2度目の日本タイトル防衛戦相手は前王者・中島俊一。  1991年
1 2 3
...
6 7