カテゴリー

LIVE配信 VR グラビア 政治・社会 CM 漫画 美容 国内ドラマ 海外ドラマ 邦画 アニメ 音楽 スポーツ バラエティ ドキュメンタリー ゲーム YouTuber 洋画 動画配信サービス 韓流映画 韓流ドラマ タレント 特集

SEARCH

FINE動画MAGAZINEロゴ

【邦画】NETFLIX(ネットフリックス)で配信中のおすすめ映画35選!

2018年1月10日

563 view

出典: YouTube

映画のラインナップがかなり充実しているNETFLIX(ネットフリックス)。
そんなNETFLIXで配信中のおすすめ邦画をまとめて紹介します!
NETFLIXはすべての作品が見放題で視聴可能です!

目次

紙の月



女優宮沢りえの代表作の一つとも言える作品。バブルがはじけたころを舞台に、銀行で働く契約社員の主婦が真面目に働き、上司やお客様からの信頼も得ていくのですが、一方で自分に関心がない夫との関係から年下の大学生との不倫に走ってしまいます。やがて不倫の進行とともに、お金への感覚がおかしくなり、犯罪に手を染めてしまうというストーリーです。 直木賞作家・角田光代のベストセラーの映画化ですが、主人公を演じる宮沢りえの表情が見どころで、虚ろさと儚さ、メランコリックな暗さを宿わせています。

紙の月

ザ・マジックアワー



2008年に製作された、三谷幸喜監督作品の第4作目です。「撮影だと信じ込んで殺し屋を演じていた役者が、本物のギャングの抗争に巻き込まれたらどうなるか」という設定のシチュエーション・コメディで、三谷監督作品ならではの豪華なセットやベテラン揃いの役者陣。そして、有名なマフィア映画をパロディ化した演出も見どころの1つではないでしょうか。されに、同じく三谷監督作品である『THE有頂天ホテル』にも出演した香取慎吾が、1シーンだけ同じ役(只野憲二役)でカメオ出演しているので、どこのシーンで彼が出てくるのか探してみるのも、おすすめできるポイントです。

ザ・マジックアワー

ピンポン



2002年に劇場公開された作品で、監督は曽利文彦、脚本は宮藤官九郎。出演は窪塚洋介、ARATA(井浦新)、サム・リー、中村獅童、大倉孝二です。同じ卓球場で切磋琢磨してきた天真爛漫なペコ(窪塚洋介)と、クールなスマイル(ARATA)の幼なじみ二人が織りなす卓球青春映画です。松本大洋の人気コミックを実写化した作品であり、見どころは原作コミックの登場人物および世界観を忠実に再現した点です。

ピンポン

悪人



人気作家の吉田修一氏が朝日新聞に連載し、毎日出版文化賞などの賞を獲得した長編小説「悪人」を原作として脚本・監督を季相日氏が努めた映画「悪人」の見どころやおすすめのポイントとしては、殺人を犯してしまった人間をはじめとする様々な人々の心に潜む悪意や心情を、実力ある俳優陣が見事に演じきっているところにあります。この作品に出演していた俳優人はこの年のアカデミー賞を総なめにしました。主演の深津絵里氏はモントリオール世界映画祭でも主演女優賞を獲得し、名実ともに一流女優の仲間入りをしたのです。

悪人

半落ち



人気作家横山秀夫氏の同名小説を映画化した映画「半落ち」の見どころとおすすめのポイントとしては、一番にそのストーリーの深さが挙げられます。最愛の妻を殺害した警察官が殺害から出頭するまでの「空白の2日間」の謎を巡る真実には、悲しい家族の物語や愛があったことに大きな感動が引き起こされます。何よりも真実を隠しながらも心に熱い想いを秘めている難役の主人公を寺尾聰氏が味わい深く演じきっていることも見どころの一つになります。

半落ち

パッチギ!



2005年に後悔された井筒和幸監督の作品である映画「パッチギ」の見どころとおすすめのポイントとしては、在日朝鮮人の少女とその少女に恋をする少年を中心とした青春劇でありながらも、その奥に潜んでいる民族問題という繊細な要素を民族間での相互理解と言う部分において描ききっている部分にあります。この作品はブルーリボン賞作品賞をはじめ、様々な作品賞を受賞しています。また、この映画には今では実力を兼ね備えて第一線で活躍している俳優人が数多く出演しているキャスティングも見どころの一つです。

パッチギ!

舞妓はレディ



2014年に劇場公開された映画です。監督は周防正行、出演は上白石萌音、長谷川博己、富司純子です。舞妓を夢見た少女が京都の花街に飛び込み、一人前の舞子を目指し成長する姿を歌やダンスなどを交えてミュージカル調に描きます。「Shall weダンス?」などで知られる周防正行監督が20年近く前から構想を立てていた作品で、見どころは厳しいオーディションを勝ち抜いた上白石萌音の圧倒的歌唱力と、華やかな花街でのダンスシーン。まさに日本版「マイフェアレディ」です。

舞妓はレディ

百円の恋



2012年に新設された松田優作賞の第1回脚本賞を獲得した足立紳氏の脚本を武正晴監督によって映画化された「百円の恋」は非常に魅力的な作品です。この映画の見どころやオススメのポイントとしては、男女の挫折やそこからの再生というどの時代にも描かれ続けてきた普遍的なテーマを、人間の強さも弱さもその両面を真っ直ぐに描いている点が挙げられます。主演の安藤サクラ氏はこの映画を経てさらに魅力ある女優に成長し、アカデミー賞最優秀主演女優賞を獲得しました。東京国際映画祭の作品賞を受賞するなど作品への評価も高いものになっている作品です。

百円の恋

フラガール



2006年9月に劇場公開されたこの作品。監督は李相日、出演は松雪泰子、豊川悦司、蒼井優、山崎静代(南海キャンディーズ)です。現在の「スパリゾートハワイアンズ」の前身である「常磐ハワイアンセンター」の誕生を支えた裏方の人々を描く実話が題材です。昭和40年、炭鉱の町であった福島県いわき市の娘たちにフラダンスを教えるために東京からダンサー(松雪泰子)がやってきます。最初はしぶしぶ指導をしますが、ひたむきに踊る娘たちに、自分自身の忘れていた情熱を思い出していくというストーリーです。見どころは、やはりフラダンスのシーン。物語の終盤に向けて彼女たちが徐々に上達していく姿は見ものです。

フラガール

八日目の蝉



井上真央と永作博美のW主演映画で、赤ちゃんを誘拐した女性と、その女性に育てられた少女が背負った切ない感情を伝える作品。小説を映画化したもので、小説とは異なる結末が見どころです。「優しかったお母さんは、誘拐した人でした。」という衝撃的なフレーズで一躍注目され、映画を観終わったあとは本当の家族とは何か?家族との絆とは何か?といったことを考えさせられる感動的な作品となっています。

八日目の蝉

同じカテゴリーの記事

【邦画】NETFLIX(ネットフリックス)で配信中のおすすめ映画35選!

564 view

邦画

【映画(邦画) / ヌード・濡れ場動画】あの清純派女優も全裸で…二階堂ふみ・沢尻エリカ・清野菜名・ 成海璃子・今野杏南 など

80,325 view

邦画

爆笑必須!?お笑い芸人が監督したおすすめ映画7選

90 view

邦画

『団鬼六 OL縄奴隷』動画配信を無料で見るには?

262 view

邦画

『団鬼六 SM大全集』動画配信を無料で見るには?

534 view

邦画