カテゴリー

タレント 韓流ドラマ 韓流映画 動画配信サービス 洋画 YouTuber ゲーム ドキュメンタリー バラエティ スポーツ 音楽 アニメ 邦画 海外ドラマ 国内ドラマ 特集 LIVE配信 VR グラビア 政治・社会 CM 漫画 美容

SEARCH

FINE動画MAGAZINEロゴ

Amazonプライムビデオの登録・解約の方法と月額料金などについて

2017年5月10日

240 view

出典: 公式サイト

映画・アニメ・ドラマをよくご覧になる方にお勧めの映像配信サービス「Amazonプライムビデオ」についてご案内致します。

目次

Amazonプライムビデオの登録の方法と月額料金について

Amazonプライムビデオ

出典 : 公式サイト

映画・アニメ・ドラマをよくご覧になる方にお勧めの映像配信サービス「Amazonプライムビデオ」についてご案内致します。AmazonプライムビデオはAmazon有料会員向けのコンテンツとなっています。

登録方法の考え方としてはAmazonプライムビデオに登録するのではなく、Amazon有料会員(プライム会員)に登録するという様にお考え頂いて問題ありません。

Amazonプライム会員になることで、Amazonプライムビデオの見放題を利用する事ができます。Amazonプライム会員になると年会費が3,900円必要なので、月額に換算すると毎月325円という事になります。

お支払い方法がクレジットカードもしくは、au WALLET プリペイドカードの2パターンとなりますのでご注意ください。デビットカードについては、現在Visaデビットカードのみ対応しているようです。

au WALLET プリペイドカードのについては、auの携帯電話もしくは、ひかり回線等をご契約中の方のみ作る事ができるのでauを利用されていない方はクレジットカードのみとなります。

そしてこのAmazonプライム会員には、登録日から無料期間が30日間ございますので、不要と感じた際にはこのトライアル期間中に解約をするのがベストな方法となってくるかと思います。

注意して頂きたいのがトライアル期間を過ぎた場合に、自動的に有料サービスへと切り替わってしまうという点に注意してください。続いて登録方法について記載していきます。

まずインターネット検索にて「Amazonプライム会員」と検索して頂くと登録用のホームページを見つける事ができると思います。「30日間の無料体験を試す」と記載されている所から登録がはじまるのですが、既にAmazonにて無料会員登録をしている方であれば、そのままログインして頂くとプライム会員の登録フォームに移動していきます。

まだAmazonにて無料会員登録を行っていない方は、「Amazonアカウントを作成」から新規の登録をお願い致します。続けてプライム会員の登録フォームへ移動しますので、必要事項を入力して頂くと登録が完了します。

そしてAmazonプレイムビデオにも、他の映像配信サービスと同じく1つのアカウントで複数の端末を登録する事ができます。この登録可能台数ですが、制限数の細かな記載がどこを探しても無い状態になっています。

調べた限りですが最大10台のデバイスを登録して利用されている方もいらっしゃるので、現状では上限が無いのかもしれません。同時再生についても別々の作品であれば、最大3台まで同時にストリーミング再生する事も可能になっています。ただし同じ作品を再生するという事はできないようになっているのでご注意ください。

Amazonプライムビデオで配信されているコンテンツ

Amazonプライムビデオでは日本の映像作品や、海外の映像作品など約3万作品が視聴可能となっております。他の映像配信サービスと比較すると、非常に少なく感じますがAmazonというネットビジネスの大手という事もあり、月あたりの更新数はかなり多いです。

まだサービスが開始されて間もないという事もあり、充実まで時間は掛かりそうですが人気作品等は素早く揃えているという所を見ると、今後の更新にも期待ができます。

配信している作品としては、映画やドラマ、アニメといった他のサービスと大差はありません。ですが他の映像配信サービスでは新作等を視聴する際に、別途課金をする必要がありますが、Amazonプライムビデオでは、別途購入する必要がある作品も中にはありますが見放題の中に入っているというパターンが多いです。

コンテンツの内容としても、他と見劣りする事もなくキッズ向け映像作品もかなりの数が取り揃えられており、お子さんがいらっしゃるご家庭の方にも大変おすすめとなっています。

そして是非知って頂きたいのが、Amazonプライムビデオだけで独占配信されている映像作品があるという事です。この独占配信コンテンツですが、配信数が非常に多く約150作品もあり、有名な作品も中にはあります。

ですが配信が終了している場合等もあるので視聴したい作品がある場合は手遅れになる前に視聴する必要があります。Amazonプライムビデオでなければ視聴する事ができないコンテンツがあるというのも魅力の1つではないでしょうか?

Amazonプライムビデオの解約の方法

解約方法についてですが、登録方法に記載した通りAmazonプライム会員として登録しておりますので、Amazonプライム会員を解約する形となります。

Amazonプライム会員を解約するのですが、無料会員としては残す事ができますのでAmazonにて商品等を購入する際には今までのアカウントをそのまま利用する事ができます。

では、解約方法についてです。

Amazonのアカウントサービスより解約をする形になるので、まずAmazonへのログインが必要となります。「Amazonプライム会員情報を変更する」という項目から行いますが、このメニューが格納されている為、見つけられないという事であればAmazonのヘルプ等にも詳しく解約方法が記載されているので参考にしてください。

次に「会員資格を終了する」という項目を選択する事でAmazonプライム会員を解約する事ができます。解約の際に、「すぐに終了する。」もしくは「20XX.XX.XXに終了する。」という終了日を選択する事ができますので、ご自身に合った方を選択してください。

Amazonの無料会員も合わせて解約したいという事であれば、別途無料アカウントの解約が必要となりますのでご注意ください。解約については簡単にできるのですが、Amazonプライム会員自体が年払いとなっている為、可能であれば次の更新前にして頂くのが良いかと思います。

Amazonプライムビデオの評判

Amazonプライムビデオは良いと感じる方、悪いと感じる方それぞれいらっしゃいます。ですが、現状では殆どの方が良いと感じているようです。何故良いと感じる方が多いのかというと、Amazonプライムビデオは元々あったAmazonプライム会員向けに増設された新サービスだという事が大きく関わっています。

Amazonプライム会員サービスはAmazonでのネットショッピングを快適に便利にしてくれるサービスとして始まりました。内容としては送料が無料になったり、お急ぎ便が無料になったり等で元々は別のサービスだったのです。

そこにプラスされるという形で、Amazonプライムビデオが開始されました。Amazonプライムビデオが始まる前も年会費は同じ3,900円でしたので、既にプライム会員だったユーザーからするとデメリットが一切無く、無料で映画等を視聴できるサービスが始まったというメリットしかなかったのです。

では何故、悪いと感じる方もいらっしゃるのかという所です。まず1番のネックになるのは、この年会費でしょう。他の映像配信サービスの殆どは月単位でのお支払いとなるのが殆どの中、Amazonプライム会員については年単位となってしまいます。月額に換算すれば325円と安いのですが、1年間あまり利用しないとなると非常にもったいない金額になります。

数ヶ月間だけ視聴したいという融通が利かないというのがAmazonプライムビデオの最大のデメリットとなるでしょう。ですが、記載してある通りAmazonプライム会員にはビデオだけではなく様々な特典がついていますので、Amazonプライムビデオだけではなく他のサービスも利用する事によってお得感が生まれてきます。

Amazonプライムビデオを含む複合型の年間サービスと考えて頂くと良いかと思います。

Amazonプライムビデオの特徴

Amazonプライムビデオには他の映像配信サービスに負けない特徴が沢山あります。Amazonプライムビデオの評判に記載した通りプライム会員向けに新たに増設されたサービスとありますが、これがただのオマケでは無くメインになりつつあるサービスなのです。まず対応端末の幅広さがあります。

パソコンやAndroid、iPhone等であれば、他の映像配信サービスでも対応している場合がありますが、更にPS4等のゲーム機にも対応しているのです。ただ対応しているだけではなく、再生していた端末から別の端末に切り替えた際に途中まで見ていた作品を続きから再生してくれる機能までついています。

スマートフォンの普及もあり、通学や通勤、旅行先で視聴する事が多くなりました。映画は1本が非常に長いので視聴する時間を作らなければいけない、という状況にもなっていたはずです。この機能がある事で外出先で視聴していた映画を自宅に帰って続きから視聴するという事もできるので、大変便利な機能となっています。

更にAmazonプライムビデオは視聴する作品にもよりますが、HD画質から4K画質までのものまでありますので画質は最高クラスとお考え頂いて問題ありません。そして合わせて使って頂きたい物があり、今テレビCM等でも放送している「Fire TV Stick」と「Fire TV」の2つです。

使用する際には、どちらか片方のみでも問題はありません。これが本当に便利で別途購入する必要がありますが、今お使いのテレビに繋ぐだけで大画面で映像を楽しんで頂く事ができるのです。スマートフォンやタブレット、パソコンでは画面の大きさが限られてしまうので非常にありがたい商品です。

それだけはなくこの2つはAmazonプライムビデオ専用という事では無く、他の様々な機能を備えています。機能の1つ目が、他の映像配信サービスを視聴する際にも利用する事ができるという点。有料となる配信サービスではNetflixやHulu、無料の配信サービスではYouTubeなどにも対応しているので、これらの映像作品をテレビで視聴する事ができるのです。

そして機能の2つ目が、アプリが使えるという点。まだ数は多くないですが、ゲームをプレイする事も可能となっており、2017/05/01日時点で約5,000ものアプリが提供されています。テレビで映画も見れて更にゲームアプリまでできてしまう本当にすごい物だと思います。最後に私が一番オススメしたい機能の3つ目が、持ち運べるという点。

旅行先の宿泊施設にテレビやWi-Fi設備が整っていれば、そこで視聴する事ができます。Fire TV Stickであれば、サイズは少し大きなUSBメモリーぐらいのなのでキャリーバックのポケット等にスッポリと収まります。旅行だけでなくイベント等にも活用する事ができるので、是非試してください。

最後にAmazonプライムビデオには他の映像配信サービスには絶対に真似できない機能の充実と価格の安さがあります。更にAmazonプライム会員の他のサービスまで利用できるという、これだけのボリュームがあって年間3,900円です。今利用している映像配信サービスとAmazonプライムビデオと比較して、よく視聴する作品もしくは視聴したい作品の多くが被っていた場合、損をしている可能性があります。この機会にまずは30日間のトライアルを試してみてはどうでしょうか?

同じカテゴリーの記事

【徹底比較】29個使ってわかった本当に満足できるおすすめ動画配信サービス(VOD)6選とその評判【2018年最新版】

86 view

動画配信サービス

Hulu人気作品ランキングベスト10 8/23-8/29

111 view

動画配信サービス

U-NEXT(ユーネクスト)とは?

77 view

動画配信サービス

U-NEXT(ユーネクスト)の動画をダウンロードする方法とは

132 view

動画配信サービス

Amazonビデオの料金

72 view

動画配信サービス